読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備考欄のようなもの

主に、中国語圏の文学・音楽・映画等について記します。

昆明の書店で学術書を買うには(2013/9/20追記)

 3月9日深夜から3月16日早朝まで昆明に滞在した。今回は事情により農村調査に入れず、思いがけず昆明市内に長期滞在することになった。そのため、幾つかの書店を回る時間的余裕があった。ネット上には、昆明の学術書が買える書店についての情報がほとんどない(特に日本語では)ため、私が行くことのできた書店を幾つか紹介することにしたい。(※2013/9/20に一部補記あり)

 

[A]新知図書城(大型書店)

 

f:id:changpian:20130829123935j:plain

f:id:changpian:20130829123607j:plain

 


大きな地図で見る

小西門のロータリーから北上し、東風西路と昆師路が交差する西南角にあるショッピングモールの3、4階。いずれかの階の入り口にあるコインロッカーに荷物を預けてから入店するシステム。品揃えはなかなかよく、映画などのDVDも豊富。雲南大学や雲南省図書館などからも近いので、ぜひ立ち寄りたい。

 

※購入した本、DVD

谢彩《中国侦探小说类型论》

李皖《多少次散场 忘记了忧伤:六十年三地歌

傅葆石《灰色上海,1937-1945:中国文人的隐退、反抗与合作》

白薇、杨天舒主编《传媒与20世纪文学:现代传媒与中国现当代文学国际学术研讨会论文集》

丁言昭《安娥传:<渔光曲>的人生旋律》

叶凯蒂《上海・爱:名妓、知识分子和娱乐文化1850-1910》

云南省玉溪第一中学编《中华之声 聂耳》

卜保怡《昆明名人旧居》←これ、実は旧版。他店で新版を購入。

DVD《观音山》《非诚勿扰2》《肩上蝶》《不再让你孤单》《人再囧途之泰囧》《一盘没有下完的棋》(=『未完の対局』、日本ではDVD未発売)《海上沉浮:红颜》(CCTVの番組、黎莉莉、阮玲玉、李香蘭、周璇、胡蝶を取り上げる)

 

※補記 2013年8月29日の写真二枚を上に追加しました。同日購入した本は、

朱海明《风情民国老期刊》

李静《乐歌中国:近代音乐文化与社会转型》

黄万华,刘方政,马兵 等《经典解码:20世纪中国文学与电影》

闻黎明《抗日战争与中国知识分子:西南联合大学的抗战轨迹》

彭磊编著 《昆明六十年记忆》

张静蔚编《触摸历史:中国近代音乐史文集》

曾健戎 ,刘耀华《中国现代文坛笔名录(增补版)》

 

 

[B]清華書屋(大型書店)

 

f:id:changpian:20130829131929j:plain


大きな地図で見る

雲南師範大学正門の左隣にある書店。「清華」の名が冠せられているのは、ここが抗戦期に北京大学清華大学、南開大学が合併してできた西南聯合大学の跡地(雲南師範大学)に近いからだろうか。昨年夏にも知り合いの先生に連れてきてもらったこの店、見かけはさほど立派ではないが、結論から言うと昆明でいちばん学術書の品揃えがよい店だ。一階の入り口でカバンを預け、二~三階の店舗に上がる。学術書があるのは三階。ジャンル別にきちんと配列されている。DVDはない。

 

※購入した本

胡霁荣《中国早期电影史1896-1937》

吴新兰《存在与感知:日本动漫在中国的跨文化影响》

王勇、鲍静《玫瑰玫瑰我爱你:追寻上海老歌的前世今生》

罗卡、法兰宾《香港电影跨文化观(增订版)》

吴秀明、陈力君主编《大众文学与武侠小说》

苏伟贞《长镜头下的张爱玲:影像 书信 出版》

冉隆中主编《昆明的眼睛》

卜保怡《昆明名人旧居》←新版

高维进《中国新闻纪录电影史》

段颖《泰国北部的云南人:族群形成文化适应与历史变迁》

 

※補記 2013年8月29日の写真を上に追加しました。同日購入した本は、

曹立新《在统制与自由之间:战时重庆新闻史研究(1937—1945)》

江青江青的往事往时往思》

 

[C]昆明書城(大型書店)

 

f:id:changpian:20130829102840j:plain


大きな地図で見る

昆明随一の繁華街、南屛街の歩行者天国のやや東寄り、南側にある。レシートには「昆明書城」と記されているが、新華書店という大きな看板が出ている。ビル全体が書店だが、残念ながら一般向け書店で、学術書は少ない。文房具や玩具等も売っている。

 

※購入した本

赵士荟编著《老影星自述》

刘禾《帝国的话语政治:从近代中西冲突看现代世界秩序的形成》

张彤《曲终人不见:中国新音乐进程中的十位音乐家》

 

※補記 2013年8月29日の写真を上に追加しました。同日購入した本は、

钱理群《中国现代文学史论》

张昌山主编《战国策派文存(上、下)》

  

大型書店ではこの他、北京路と人民東路交差点を少し東に行ったところの北側に新華書店があるようだが、今回は行く機会がなかった。

 

[D]漫林書苑(独立書店)

 

f:id:changpian:20130315155955j:plain

 


大きな地図で見る

雲南大学近く、文化巷(俗称・洋人街)にある独立系書店。幾つかの日本語サイトでも紹介されている。おしゃれな店内に写真集、通俗小説などが並んでいる。二階では洋書が売られている。だが、学術書は少なく、ここでは本は買わなかった。

 

[E]麦田書店(独立書店)

f:id:changpian:20130315155828j:plain


大きな地図で見る

漫林書苑から文化巷を東に進み、突き当りを右折して南下すると麦田書店が見える。ここの店主は「奇妙的日子」楽隊(ドアーズのアルバムから名付けたのだろう)でバンド活動を行なっている馬力だ。店内には海外のロックのCDも並べられている。狭い店内だが、漫林書苑に比べると、学術書の品揃えはよいと思う。于堅の詩集『便条集』の企画出版も行ったとのこと。この店で購入した『中国独立書店漫遊指南』にも、昆明の書店として唯一取り上げられている。購入時、端数をおまけしてもらった。

 

※購入した本

雅倩《中国独立书店漫游指南》

冯永祺《南行踏歌:艾芜与云南》

 

 

[F]智源書店(独立書店)

f:id:changpian:20130314201057j:plain


大きな地図で見る

これは、偶然通りがかった独立書店。昼間行った人の話によるとお茶を出してもらったとのこと。特に目を引く本はなく、何も購入しなかったが、一応学術書も置いている。

 

あとは、雲南民族博物館の書店も覗いた。少数民族関係の(やや古めの)書籍、DVDなどを陳列していたが、特に買いたいものはなかった。

 

(以上、一週間の滞在で除くことのできた書店について記しました。長期滞在の方がご覧になると、あれこれ抜けていると思われるかもしれません。ご指摘頂ければ幸いです。)

 

[G]滇池書城(大型書店)※2013/9/20追記

f:id:changpian:20130829161306j:plain

f:id:changpian:20130829161248j:plain

 

8月の昆明で泊まったホテルに近いので覗いてみた。新華書店系大型書店。清潔な店内であるが、エスカレーターは止まっていた。ここでは特に本を買わずじまい。とは言え、他店で購入した本も見かけたので、こちらに先に来ていればここで購入したことだろう。

広告を非表示にする