備考欄のようなもの

主に、中国語圏の文学・音楽・映画等について記します。

【映画】二重露光~Double Xposure~

『二重露光~Double Xposure~』2012・中国/梅田ブルク7(大阪アジアン映画祭)/鑑賞日 2013.03.17./星4

 2013年の第8回大阪アジアン映画祭で、クロージング作品として上映された。同映画祭で特集企画のあった中国の女流監督、李玉の最新作。会場には監督自身は現れなかったが、上映前には監督によるビデオ・メッセージが流された。

 さて、中国でも大ヒットしたこの映画、エンターテイメントとして楽しめるサイコ・サスペンスとなっている。整形外科で働く范冰冰、凛々しい姿だが、物語は意外な方向へ展開していく…。途中までは、どうなるものかとハラハラドキドキの連続だが、終わってみたら李玉監督作の中でも分かりやすい映画となっている。前作や前々作と異なり、范冰冰以外には若手スターは出ていない(陳冲ジョアン・チェンはいるが)ため、彼女の演技が十分に堪能できる。いろいろな意味で、彼女の一人舞台だ。そんな中でも、瑞々しい映像が映画の端々で見られる。秦皇島や新疆のロケも印象深い。

 見終わった後、もう一度見てみたくなる映画である。実際、映像はYoutubeでも見ることができるが、見る前と後では、冒頭のシーンが全く違うように見え、はじめから伏線が張られていたことに気付かされるのだ。

    

ロスト・イン・北京 [DVD]

ロスト・イン・北京 [DVD]

広告を非表示にする